× Log In Sign Up Home About Us Services Guide
Ambii text logo (red) Ambii text logo (white)

Guide

Hamburger menu

7.救急

a.日本の救急車の制度と費用について

現在の制度では救急車を呼んだこと自体に料金が発生することはなく、原則として無料です。 経営する病院によっては加算で病院がお金を取ることはあり得ます。 救急車には通常、救急救命士が乗っていますが、医師が同乗するケースもあります。 そのため、救急車の出動そのものでなく、車内で医師によって行われる医療行為に対して、請求が発生する可能性はあります。 具体的には、診療上の必要性があって医師が同乗し、救急車内で診療行為を行った場合、『救急搬送診療料』として診療報酬1300点が算定されます。 患者が新生児であれば1500点、6歳未満なら700点の診療報酬が加算されます。 診療時間が30分を超えた場合も700点が加算されます。 診療報酬は、1点あたり10円で、そのうち患者の負担割合は、
・75歳以上が1割
・小学生未満と70~75歳は2割
・それ以外は3割
これに応じて、患者が実際に負担する金額が決まります。
例)救急車内で5歳児が40分間の診療行為を受ければ、 救急搬送診療料2700(1300+700+700)点×10円=2万7000円 の2割を患者が負担するので、5400円が加算されることになります。

b.救急車を呼ぶ前に

#7119 救急相談センター
#8000 小児救急医療電話相談事業
※各都道府県に窓口があります

保険料の免除
健康保険では、3歳までの子を療育するための育児休業期間中は健康保険料が免除されます。 国民健康保険の場合は、育児休暇中であっても保険料は免除されません。 国民健康保険では、勤務先の倒産などで収入が減ってしまった方を対象に保険料を減額してくれます。 減額の対象となる条件はお住まいの市町村にお問い合わせください。

c.救急車を呼びたい

通報番号:119(応急処置が必要な場合は電話で指示される)

  • [用意しておくと良いもの]

  • ・保険証、診察券

  • ・現金

  • ・普段飲んでいる薬

  • ・お薬手帳など既病歴(ambii healthにリンク)がわかるもの

  •   
  • ・乳幼児の場合:母子健康手帳・乳幼児の生活用品など

  •  

つくばなら:http://www.qq.pref.ibaraki.jp/pb_md_toban
つくば小児なら:http://www.qq.pref.ibaraki.jp/pb_md_syoni_rinban



時間外診療費用について

時間外診療費がかかります。
医療機関が表示する診療時間以外に受診すると、原則として通常の診療費用のほか、 診療報酬点数表上の「時間外加算」(健康保険適用)が請求されます。 この種類は「時間外」「休日」「深夜」の3種類あり、初診・再診の違いによっても加算額が異なります。 「時間外」の範囲は医療機関ごとに異なるほか、受診者が6歳未満の場合などは加算される金額が異なるので、 受診する際は医療機関に確認しましょう。 緊急時などやむを得ない場合以外は、できる限り診療時間内の受診を心がけましょう。

この記事は役に立ちましたか?はい / いいえ


関連記事

1.保険について

Your voice is important to us.